米国株|我がボートフォリオの問題児 コグネックス【CGNX】がようやく・・・!?

米国株|我がボートフォリオの問題児 コグネックス【CGNX】がようやく・・・!?

どうも、ほむら(@HomuraPc)です。

私の投資方針としては、バイ&ホールドの配当重視かつ長期投資です。よって投資している銘柄も、フィリップモリス【PM】やロイヤルダッチシェル【RDS.B】といった配当利回りが高い銘柄を多く保有しています。

そんな保有銘柄の中で、配当利回りが1.0%にも届かない銘柄がいます!

それが、コグネックス【CGNX】(配当利回り 0.35% ※’19年4月時点)です。

 

コグネックス【CGNX】

まずはどんな事をやっている企業なのか? マネックス証券のホームページより業務内容の引用です。

業務内容

コグネックス(Cognex Corporation)は主に視覚が必要とされる製造工程において、作業を自動化するために、視覚情報を取得・分析するマシン・ビジョン製品を提供する企業である。【事業内容】同社はモジュラー・ビジョン・システム部門(MVSD)及び表面検査システム部門(SISD)を含む2つの事業部門を有する。MVSDは製造または販売工程中、それらの配置・識別・検査・測定を経由して、携帯電話、アスピリンボトル、自動車の車輪などの離散型アイテムの製造・追跡を自動化するために使用されるモジュラー・ビジョン・システム及びID製品を開発・製造・市販する。SISDは金属、紙、不織布、プラスチック及びガラスなど、連続型製造工程により加工される材料の表面に、欠陥・瑕疵がないことを保証するための検査に用いられる表面検査ビジョン・システムを開発、製造及び市販する。

参照元:マネックス証券

まぁ簡単に言うと、画像認識に強みを持つ企業。工場の製造ライン自動化や省人化に欠かせない技術を持っています。この企業の持つ技術は、これからの高齢化社会・人手不足には欠かせないです。個人的なイメージだと日本のキーエンスに近いような印象です(違います?)

 

現在の株価

Advertisement

引用元:Googleファイナンス

保有後推移

一時は、1銘柄で-1,000ドル(-11万円※)近くまで行きましたが、ようやく-200ドル(-2万円※)まで回復しました。こうやってみると初投資以降、プラスになったこと無く、眺める度に悲しくなります-_-

※ 1ドル=110円換算

しかし、株価は回復傾向!60ドルを突破できるかが肝となってきそうです。次の決算に期待!!(フラグかな!?)

 

投資した理由

Advertisement

そもそもなぜ、高配当銘柄を好む私が、ほぼ配当が無いコグネックス【CGNX】に投資したかというと・・・。

FANGなどグロース株で盛り上がった2018年、ブログ村などのランキングサイトにはグロース株への誘惑記事で溢れました。「グロース株に投資しないなんて考えられない」「バリュー株への投資している奴は悪」(多少の加飾あり)と言わんばかりの内容の記事ばかり。

私のような初心者投資家は、キャピタルゲインの誘惑に負けて、配当利回りに目をつむり投資しました。結果、(将来は不明ですが今時点では)完全に高値掴みの失敗をしました。たらればの話をしてもしょうがないので、結果は結果として受け止めます。今となっては、良い勉強をさせて頂きました。

 

それでも保有し続ける理由

なんの制約もないですが、私の投資方針として、バイ&ホールドであること。また、同じ過ちを繰り返さないための戒めとして今もなお保有し続けています。この銘柄のおかげで、今後は方針からブレずに投資を出来ると思います。

とは言え、今後の配当成長に期待している部分もあります!

 

ほむら
投資は自己責任でお願いします。

 

 

投資関連おすすめ書籍

米国株カテゴリの最新記事