米国株への長期投資前提で資産が少ないうちはS&P500ブル3倍 ETF【SPXL】が最適解なのでは!?

米国株への長期投資前提で資産が少ないうちはS&P500ブル3倍 ETF【SPXL】が最適解なのでは!?

私は現在、約500万円を米国株に投資しています。

米国株への投資を始めて約2年、「200万円/1年」を目標に投資額を増やしているので、ペースとしては順調なのですが、現状の500万円という投資額は、周りの同年代の米国株投資家と比べると少額な部類に属します。

その少額な資金で投資している銘柄としては生活必需品や公益事業の銘柄など、グロースでは無くバリュー銘柄が主でデフェンシブな投資を心掛けています。株価は割と安定、配当金も定期的に勝手に振り込まれ、一回投資すると基本は暇な投資スタイルです。

本業がサラリーマンの私にとっては、日々の株価に一喜一憂ことなく、ほったらかし運用が出来るこのインカム重視の投資スタイルは相性が良いです!(むしろ、やることが無さ過ぎて暇なのが少し問題・・・)

 

 

ただ・・・

 

ほむら
少額投資だし、少しリスク取って、リターン狙った方がいいのかな?

 

ほむら
でも、レバレッジのやり方分からないし、怖い印象あるしな・・・

 

投資の神様
そんな方にオススメのETFがあるよ!

 

ほむら
マジっすか!?

 

という事で、今回は少々リスクの高い(その分リターンも高い)S&P500ブル3倍ETF【SPXL】についてです。

前々から気にはなっており、色々と調べている方のブログを拝見して、ポートフォリオに加えてみようと考えてます!

 

S&P500ブル3倍ETF【SPXL】とは

Advertisement
  • S&P500インデックスの300%のパフォーマンスに連動した成果を目指すETF
  • S&P500は、米国市場の主要銘柄を代表する500銘柄(大型株)で構成
  • S&P500指数の3倍の値動きを目指しているため、値動きは激しい

【運用会社】 ディレクション・インベストメント
【ベンチマーク】 S&P 500インデックス
【管理報酬】 年率0.95%

 

まさに資産が少ないからこそ、多少のリスクを取ってリターンを得るのにピッタリなETFではないでしょうか?

S&P500インデックスに連動というのも安心感があります。米国企業は定期的に株価の調整で下落はするものの、長期的に見ると増収・増益を続けており、株価も右肩上がりです。

 

引用元:Google Finance

 

注意するべき点

S&P500ブル3倍ETF【SPXL】は、上昇相場で大きく価格が上がる可能性がある一方で、リーマンショックの様な暴落が起きた場合は、80%の下落といった可能性もあります。まぁ当然ですね。

ただ、値動きは3倍ですが【VOO】【VYM】などと同じETFではあるので、リーマンショックの様な暴落により限りなく0に近づくことはあっても強制ロスカット(強制決済)されることはありません。(ただし現物取引の場合に限る)

この点が、FXなどでよく用いられるレバレッジ(手元の資金の何倍もの金額取引)との大きな違いです。私の様なビビりの副業投資家には有り難い。

 

ほむら
投資は自己責任でお願いします。

 

 

投資関連おすすめ書籍

投資方針カテゴリの最新記事