バイク用品|YAMAHA TRACER900/GT に装着できるカスタムパーツを色々探してみた ①ガード、スライダー関連

バイク用品|YAMAHA TRACER900/GT に装着できるカスタムパーツを色々探してみた ①ガード、スライダー関連

2018年9月に納車した「YAMAHA TRACER 900 GT ’18年モデル」ですが、乗り始めてからそれなりに経過しました。

「TRACER 900/GT」は、前年モデルの「MT-09 TRACER」から多くの点で改良が加えられています。なので、2017年モデルまでは適合で装着出来ていたパーツが、2018年モデルだと装着出来ないといった場合があるので注意が必要です。(逆に2017年モデル以前のカスタムパーツが装着できる場合もあるので厄介!)

そこで、実際に購入して装着しているパーツや、インターネットの情報を元に、装着できるカスタムパーツを調べてご紹介します。

 

ENGガード、スライダー

もしもの転倒に備えてのクラッシュバーです。ENGのマウント位置、フレーム形状は前年(17年モデル)から変化が無いので、大抵装着できます。ただ、FRウインカーの位置が前年モデルより下がっているので、形状によっては干渉する為、注意が必要です。

各社クラッシュバー、エンジンガードは色々出ていますが、私はSW-MOTECH製が個人的にスタイリッシュで好みの為、装着しています。

 

SW-MOTECH

エンジンとフレームを締結している部分に共締めで取り付けです。フロントウィンカーとの干渉も無く簡単に取付けできます。まだ、幸い?なことに転倒経験はないので、どのくらい軽減してくれるか不明・・・。

 

DAYTONA

SW-MOTECHのクラッシュバーが車体中央のダメージを軽減に対して、エンジン下部のダメージを軽減に威力を発揮しそうなDAYTONAのガードです。

 

Advertisement

HEPCO&BECKER

 

 

スプラッシュガード

GIVI

水の巻き上げを抑えてくれるので、こちらのガードもオススメです!※取付けキットと汎用スプラッシュガードそれぞれ必要(購入予定)

Advertisement

 

ラジエーターコアガード

基本的に形状が前年(17年モデル)から変化が無いので、大抵装着できるようです。見た目のドレスアップ、ラジエーターの損傷防止(修理コスト低減)を目的にカスタムしてみてはいかがでしょう。取付けは上からかぶせるといった簡単なものが殆どです^^

Dzell

ハリケーン

Evotech Performance

新たな適合パーツが発売されたらこのページに追記していきます。

 

ほむら
お金がいくらあっても足りない・・・。

 

※注意:適合は確認していますが、実際に装着できるかは自己責任でお願いします。

 

バイク用品カテゴリの最新記事