【悲報】米国株主体の投資だが、今のところ日本株の方が圧倒的にパフォーマンスが良い・・・

【悲報】米国株主体の投資だが、今のところ日本株の方が圧倒的にパフォーマンスが良い・・・

私は現在、米国企業の過去の実績および将来性を信じ、米国株に投資しています。

そもそも私は株主優待きっかけで投資を始めました。当初は、日本の株主優待株メインで投資していこうと思っていましたが、色々調べていくうちに米国株の方が期待値が高いと思い、早いうちに日本優待銘柄→米国銘柄シフトしました。

とは言え、完全に移行したわけではなく、3銘柄と少ないですが、いまだに日本優待銘柄は保有しています。現在の比率としては、日本株:米国株=1:9といったところです。

 

そんな、米国株メインで投資している私ですが、残念なことに今現在は圧倒的大差で米国株の方がパフォーマンスで負けています。

 

ほむら
将来はきっと米国株の方が・・・

 

・・・。

 

現状の評価損益

日本株

・イオン【8267】  + 65.8%

・オリックス【8591】  + 2.0%

・日本取引所【8697】  + 25.9%

 

持ち株全てがプラスです。特にイオン【8267】は圧倒的です。当初はイオンの「株主カード」が欲しくて投資した銘柄ですが、日本株のパフォーマンス向上に大きく寄与しています。

 

 

続いて米国株です。銘柄ごとだと長くなってしまうので、纏めます。

米国株

・配当無し  + 3.5%

・配当込み  + 8.1%

 

かろうじてプラスです。ここ最近のハイテク銘柄をキッカケとした市場の急落、タバコ銘柄への逆風などの影響を受けて、パフォーマンスがいまいちです。保有日本株と比べると圧倒的に負けています。

 

 

Advertisement

この結果を受けて

この評価損益の比較結果を受けて、再び「メインを米国株→日本株シフトするか」と考えたとき、結論としては「否」です。

理由は様々ありますが、やはりアメリカは経済の主導国であり続けること。他に今後も米国労働人口が増加していくというところに大きな魅力を感じています。

 

以前も書きましたが、日本は高齢化が進み今後の労働人口の減少が課題とニュースでよく耳にします。しかしながらアメリカは未だに人口が増えつづけており、今後の人口の増加に伴って経済の成長が大いに期待できるからです。(当然ながら働き手が多いほど経済は活発になります。)

 

 

 

 

ほむら
やっちゃえ日本企業より
安定感抜群の米国企業でしょ♪

 

 

投資関連おすすめ書籍

雑記カテゴリの最新記事