配当入金|プロクター&ギャンブル【PG】から通算2回目 「連続増配61年の日用品世界最大手銘柄」

配当入金|プロクター&ギャンブル【PG】から通算2回目 「連続増配61年の日用品世界最大手銘柄」

生活必需品セクターのプロクター&ギャンブル【PG】から配当を頂きました。2018年4月に小額ですが新規で投資し、配当金を頂くのは今回で2回目になります。

 

ほむら
毎度、ご苦労様です!

 

ここ最近、ハイテク銘柄の下落で市場全体が軒並み低迷してきていますが、長く投資をするのであれば、そういった年も出てきます。そういった市場が低迷している場合でも定期的に頂ける『配当金』は例え小額であっても本当にありがたいです。

 

ほむら
グロース株で痛い目を見た方は、配当重視のディフェンシブ銘柄投資に切り替えてはいかかでしょうか^^

 

 

 

話が脱線しましたので戻します、まずはプロクター&ギャンブル【PG】の事業についてです。

 

事業概要

プロクター・アンド・ギャンブル(The Procter & Gamble Company)は世界中の消費者にブランド付きの消費者包装商品を提供する。【事業内容】同社は美容、グルーミング、医療、ファブリックとホームケア、及びベビー・女性・ファミリーケア5つの事業を運営する。同社の製品は量販店、食料品店、会員クラブ、ドラッグストア、デパート、ディストリビューター、ベビーショップ、専門美容院、電子商取引、高頻度店舗及び薬局を通じておよそ180の国と地域で販売される。同社は「Olay」、「Old Spice」、「Safeguard」、「Head&Shoulders」、「Pantene」、「Rejoice」、「Mach3」、「Prestobarba」、「Venus」、「Cascade」、「Dawn」、「Febreze」、「Mr. Clean」、「Bounty」及び「Charmin」などのブランドで製品を提供する。

参照元:マネックス証券

身近な製品でいうと、「ファブリーズ」や「アリエール」「SK-II」といったところでしょうか。この他にもアメリカ企業ですが、日本人に親しまれている日用品が沢山あります。下図が【PG】製品のほんの一部ですが、愛用まで至って無くとも、一度は使用したことある製品があるのではないでしょうか。ちなみに我が家では欠かせない企業です。

 

 

今回の配当金

Advertisement

配当月:4半期配当(2月、5月、8月、11月

支払い日:11月21日

見難いと思いますので抜粋すると、

受取額:$ 9.79(税抜き後)

1株当たりの配当金:$0.717 × 19株

初投資は2018年4月で、そこそこの配当利回りと50年を超える連続増配年数に惹かれて投資しました。現在、連続増配年数は61年であり、リーマンショック時であっても減配が無かった銘柄は保有者にとってとても心強いです。

 

保有後の推移

投資して3カ月ほどはマイナスでしたが、その後、好決算を受けて上昇しました。それ以降は今のところ順調に株価が上昇しています。配当金目当ての投資でしたが、嬉しい誤算です^^

 

 

配当金推移【PG】

Advertisement

さすが、連句増配年数が61年だけあって、奇麗な右肩上がりのグラフです。このグラフだけ見るとどこでリーマンショックが起こったのか分かりません。だからこそ安心して保有していられます。

 

 

今後について

当然、継続保有です。ただ、ここまで順調に株価が上がっているので、割高感があり追加投資し難いです。しばらく追加投資は控えて、もし調整でもあれば直ぐ買い増ししたいと思います。

 

ほむら
今年はこれで終了!
次回の配当は来年2月です!

配当金カテゴリの最新記事