気になるバイク|Honda CBR250RR 2019年モデルが発表!「カラーリング変更のみだが、装備ではまだまだ他社の追従を許さない!」

気になるバイク|Honda CBR250RR 2019年モデルが発表!「カラーリング変更のみだが、装備ではまだまだ他社の追従を許さない!」

ホンダから、2019年モデルのCBR250RRについて、発売が正式アナウンスされました。

残念ながら装備・性能などのアップデートはありませんでしたが、いまだにライバル車と比較してもトップクラスです。海外含め人気モデルなので次年度のモデルでは何かしらのアップデートがあると思います。(個人的な推測です)気になっている方は期待して待ちましょう。

 

それでは早速、2019年モデルの変更内容についてです。

諸元/カラー/価格/発売日

主要緒元

前年モデルからスペックに変更ありません。

 

過去モデルの紹介記事はコチラです。

 

カラーラインナップ/価格

CBR250RR

788,400円 (税込)

グランプリレッド(ストライプ)

 

CBR250RR〈ABS〉

839,160円 (税込)<ストライプ>

グランプリレッド(ストライプ)

 

806,760円 (税込)<その他カラー>

グランプリレッド

マットガンパウダーブラックメタリック

パールグレアホワイト

 

相変わらず、値段据え置きの高価なままですが、そのネガを吹き飛ばすぐらいストライブは格好良いですね。

 

ほむら
車検無いし、2ndバイクで欲しい・・・。

 

 

発売日

Advertisement
11月22日(木) グランプリレッド
マットガンパウダーブラックメタリック
パールグレアホワイト
12月14日(金) グランプリレッド(ストライプ)

 

 

来年モデルはどうなる?

今回はカラーチェンジのみと、話題としては弱い内容でしたが、発売当初は、L2エンジンで後発ながら250ccクラス初のTBW採用など、圧倒的な装備(その分、価格も高いけど・・・)でデビューしたCBR250RRですので、発売後の人気も後押しして、次のモデルで大幅アップデートがありそうな感じです。

 

完全に私の妄想ですが、ホンダのラインナップに装着している装備、ライバル車の装備から勝手に予想しておきます。

可能性が高そうなのは、最近適用されるバイクが増えてきている「UP/DOWNシフター」、ホンダ車で標準装備となってるバイクもある「スポーツグリップヒーター」「ETC」の同じく標準化といったところでしょうか。また、可能性低いでしょうが、是非適用してもらいたいものとして「チタン系部品(マフラー、燃料タンク)」「カラーメーター」「電子制御サスペンション」「スマートキー」といったところですね。

 

ほむら
さて、いくつ当たっているか楽しみに待ちましょう^^

 

 

引用元:CBR250RR|Honda

国内メーカーカテゴリの最新記事