「SONY α6000」用のバイク撮影が捗るアイテムを色々と

「SONY α6000」用のバイク撮影が捗るアイテムを色々と

バイクという大きな買い物をして間もないというのに、次なる物欲が出てきました。前回記事にもしましたが、SONYのミラーレス一眼である「α6000」が気になっていて今にも買ってしまいそうです!

 

 

 

ほむら
だって、バイク乗って色々な場所に行ってるのに
思い出を記録出来ないんだもん!

 

 

カメラ初心者な私が色々調べてみた結果、コスパ最高な「α6000」というミラーレス一眼カメラに行きつきました。ただ、カメラ本体を買えば終わりというわけではないので、カメラ撮影を楽しく、快適にするアイテム類を備忘録(購入予定リスト)として残しておきます。

 

カメラ本体

まずは、当然ながらカメラ本体です。これが無いと始まりません。α6000はお得なレンズキットでも販売していますが、私の用途では必要ないので、少しでも金額を抑える為、本体のみの購入です。

もし、本体と一緒にズームレンズも一緒に買いたい方は「レンズキット」の販売もあります!

単焦点レンズ

α6000に装着するレンズです。貧乏性の私はズームが出来ないこの単焦点レンズを買うことを躊躇しましたが、背景をぼかした写真を撮りたいので今回初めて単焦点レンズにチャレンジしてみます。

あと、レンズが傷つくのを防止するフィルターですが、海外製の物はサイズが合わなかったり、しっかりと固定出来ない物もあるので日本製がオススメです。

 

バッテリーパック

α6000の欠点としてバッテリーのヘリが速いらしいので、予備バッテリーと充電器を持っておくと心配事が一つ減ります。

 

記録メディア

転送速度が速いSDカードです。32GBもあれば十分かと思います。ただ、動画を撮影する場合は、もう少し容量があった方が安心です。

 

 

取り敢えず、ここまでの物があれば撮影を楽しむの分には問題無し。

ただ、色々とネットやYoutubeを観て調べていくと、さすが人気のα6000だけあって色々と撮影が捗るアイテムがたくさんありました。ここからは+αです。

 

ほむら
確かに、この趣味はお金がかかりそう・・・

 

本体グリップ向上

撮影の際、グリップが安定するのと、落下防止に役立ちます。安い物ではないので、是非とも涙を流すことが無いように落下防止のアイテムは装着しておきたいですね。

 

 

持ち運びが楽に

α6000をカバンのベルトや腰ベルトに引っ掛けることが出来るホルダーですストラップと違ってぶらぶら揺れることなく、しっかり固定出来ます。また、撮影する時はワンタッチで取り外して、シャッターチャンスを逃しません。

 

 

ほむら
さて、いつ買おうかな・・・。

ガジェットカテゴリの最新記事