バイクを納車したら次は「Sony α6000」ミラーレス一眼カメラが欲しくなってきた・・・

バイクを納車したら次は「Sony α6000」ミラーレス一眼カメラが欲しくなってきた・・・

私事ですが、最近バイクを納車しました!

 

毎週末、色々な場所へとツーリングに出かけています。色んな場所に出かけて様々な人や風景に出会うのはとても楽しいですね。

 

ただ、そんな楽しいツーリングですが1つ気になっていることが・・・

この写真、どう思いますか?

スマホで撮影+逆光なので仕方ないのかもしれませんが・・・

 

「バイクが美しく撮れてない!」

こちらの写真、せっかく富士五合目まで行って撮影しましたが、後々見返すと少しガッカリです。

 

ほむら
明るく写ってるわけでもなく、かといって暗く雰囲気出せてるわけでもなく・・・中途半端!

 

スマホでも上手く撮影出来るテクニックがあるかもしれませんが、どうせならキレイな写真が残せるカメラが欲しい!そのカメラで今後腕を上げていきたい!と思うようになってきました。

 

ほむら
ヨシッ!高級カメラ買っちゃおう^^

 

と、今までの私なら即アマゾンでポチってたと思いますが、これでも米国株で資産運用する投資家の端くれです。決して安い買い物ではないので、慎重に検討します!

 

 

・・・はぁ、また無駄遣い。

 

「SONY α6000」ミラーレス一眼が最有力候補!

Advertisement

色々とネットやYoutubeを駆使して調べてみた結果、私の様なカメラ初心者かつバイクや風景などを撮影する用途には、SONYのα6000が合っているのでは?と当たりを付けました。

 

 

ポイントとなるのは以下です。

α6000が発売されたのは2014年2月です。現在までに新しいモデルが発売(α6300,α6500)されα6000が古いモデルになったというのもあり、価格はAPS-Cセンサー搭載クラスでは、断トツ安い部類に入る驚異の 48,000円(18年10月時点の価格)です。

「そんなに古いの手に入るの?」と思われるかもしれませんが、約5年と結構前に発売されているにもかかわらず、未だにカタログ落ちすることなくSONYのホームページに掲載されており、当然、新品での入手も可能です。人気だからここまで残っていると言えます。

 

安いのに性能の評判が良い

次に性能面です。安くてもスマホ同等以下の写真しか撮れないのであれば購入する意味がありません。

特にポイントとなる部分を列挙してみました。

  • 有効約2430万画素
  • APS-Cセンサー搭載で高画質
  • 11コマ/秒の高速連射
  • 179点像面位相差AF
  • 電子ビューファインダー付き
  • バッテリー込みでも約344gと軽い
  • Wi-Fi対応で撮ったらすぐスマホに転送

 

実際に、撮影してみるまで分かりませんが、世間の評判(レビュー)を読んでいる限り、コスパはかなり良さそうです。

特に軽さとWi-Fi対応は、個人的にMust条件でした。軽くないと持ち出すのも持ち歩くのも、億劫になってしまいます。また、撮影しても写真はカメラに画像を入れっぱなしということもWi-Fi対応であれば簡単に取り出せてます。安く両方の機能を持つα6000はまさに私にピッタリだと感じました。

 

取り敢えず、購入したいカメラが決まったので、半月ほど保留にして、このまま気持ちが変わらなければ買いたいと思います!

 

ほむら
ヤバい!物欲が止まらない・・・

 

ガジェットカテゴリの最新記事