YAMAHA TRACER900GT を買うことに決めました!その決めた理由とは!?

YAMAHA TRACER900GT を買うことに決めました!その決めた理由とは!?

もうオチを書いてしまっているのですが、タイトル通り、これまで乗り換え候補のバイクを自分なりに調べてきましたが、ついに結論を出しました。

 

悩んだ結果、ヤマハの『TRACER 900GT ABS』に決めました!

 

過去記事はコチラ

 

 

さて、購入バイクを決めたのなら即、行動!ということで・・・

 

・・・数時間後、

 

ほむら
契約しちゃった!(・ω<) テヘペロ

先週の日曜日にバイク屋に行き、実車もそれほど確認することなく、契約書にハンコ!

もうちょっと、時間をかけても良かったかもしれませんが、『MT-09 トレーサー』を試乗していたので、特に不安な点はありませんでした!

 

トレーサー900GTに決めた理由

これまで、このブログで乗り換え候補であるアドベンチャーバイクを色々と調べてました。

今まで紹介したバイクはこちら 

 

色々と乗り換え候補を調べた結果の中では、『ヤマハ トレーサー700』(現状、日本未発売)が最も自分の使い勝手に合っていると思い、乗り換え候補 No.1としていました。

 

 

 

あとは、発売日が発表されたら乗り換えようと思ってたのに、いつまで経っても『トレーサー700』の日本発売アナウンスが無い!?

欧州の発表から2年ですよ!「ヤマハさん!どうして日本で発売しないんですか!?」

 

と、いつ発売されるか分からないバイクを待ち続けるのも辛いと思っていた矢先に、2018年モデルの『トレーサー900/GT』が発表されました。

購入するに至ったポイントは下記の通りです。

 

  • 追加装備不要なくらいの豪華装備
  • 同クラスのライバルと比較して圧倒的なコスパの良さ
  • 定評のあるMT-09と同じENG搭載

といったところです。

特に、本体価格が約120万円で、カラーメーター、グリップヒーター、クイックシフター等々、他のライバル車と比較したら、この価格はかなりお買い得だと思います。

 

ほむら
バイク所有はお金かかるけど、
ペースを落とすことなく資産は増やしていくぞ!

 

気になる納車日は

Advertisement

肝心の納車日ですが、『トレーサー900GT』は人気の様で、現在、約3カ月ほど待つ必要があるそうです。営業さんからの説明では、2018年6月下旬に注文して、納車は9月下旬~10月上旬とのことです。

無印の『トレーサー900』は、在庫があるようですが、GTとの価格差(約8万円)を考えると、在庫がある理由も納得だと思います。余程のことが無い限り、GTの方を買うでしょう。

 

というわけで、納車まで3カ月ほどと長い時間待つ必要がありますが、その期間も納得の良いバイクだと思います。

 

ほむら
トレーサーオーナーの皆様、これから宜しくお願いします!

 

とりあえず、この私のワクワク感を表現する為、Twitterじゃないけど、使いたかったハッシュタグ書いてみるw

 #YAMAHAが美しい

 #バイク乗りと繋がりたい

 #ヤマハ乗り集まれ2018

バイクカテゴリの最新記事