配当入金|ドミニオン・エナジー【D】から通算1回目 「連続増配9年かつ高配当な公益事業銘柄」

配当入金|ドミニオン・エナジー【D】から通算1回目 「連続増配9年かつ高配当な公益事業銘柄」

今回のドミニオン・エナジー【D】は、前回記事にした、公益事業銘柄であるネクステラ・エナジー【NEE】と同じ2018年3月に新規投資して、こちらも今回初めて配当が入金されました。

 

ほむら
お勤め、ご苦労様です!

まずは、毎度の事業概要から

 

事業概要

ドミニオン・エナジー(Dominion Energy, Inc.)(旧名:Dominion Resources Inc.)はエネルギーの生産・輸送を行う。【事業内容】同社は主に規制された発電・送配電、規制された天然ガスの輸送及びインフラへの投資を行う。同社は3つの事業区分により構成される。Dominionバージニア電力事業(DVP)は規制された配電及び規制された電気輸送を含む。Dominion発電事業は規制された電気艦隊及び商人の電気艦隊を含む。Dominionエネルギー事業はガスの収集と処理、液化天然ガスの輸入と貯蔵、及び規制されていない小売エネルギーマーケティングを含む。同社はユーティリティおよび小売エネルギーの顧客にサービスを提供し、約1兆立方フィートのストレージ容量を持つ地下天然ガス貯蔵システムを運用する。

参照元:マネックス証券

 

今回の配当金

配当月:4半期配当(3月、6月、9月、12月)

支払い日:2018年6月26日

見難いと思いますので抜粋すると、

受取額:$ 20.98(税引き後)

1株当たりの配当金:$ 0.835  × 35株

配当利回りが約5%と高いので、投資額は少ないですが、それなりに配当金を頂くことが出来ました。

 

保有後の推移

Advertisement

利上げの影響を受けて、大きく株価が下がっています。短い保有期間ながら、それなりの評価損です-_-

まぁ、考え方次第では、買い増しのチャンスなので、資金が入ったら時期をみて買い増しします!インカムゲイン重視の投資家は、株価は気にせず配当金を貰いつつ、じっと耐える時期ですね。

 

配当金推移【D】

キレイな右肩上がりのグラフです。【NEE】もそうですけど、さすがディフェンシブと言えば公益銘柄ですね。ただ、ひとつ気になるのは、配当性向が 81.9%と高くなっています。

 

今後について

継続保有です。私は頻繁に売り買いするのが「メンドクサイ」と思っているので、連続増配かつボラティリティの低い銘柄を好みます。【D】は投資してから株価は下がっているものの、これまでの配当金推移グラフから、自信をもって継続保有出来ます!

 

ほむら
次回の配当月は9月です!

配当金カテゴリの最新記事