ジョンソン・エンド・ジョンソン【JNJ】に新規投資 「医療機器売り上げ世界1位の配当王銘柄」

ジョンソン・エンド・ジョンソン【JNJ】に新規投資 「医療機器売り上げ世界1位の配当王銘柄」

さて、前回記事にしたネクステラ・エナジー【NEE】に続いて、ジョンソン・エンド・ジョンソン【JNJ】に新規投資しました。

資金があると、すぐに投資してしまいます。少しは自重しないと・・・

 

事業概要

ジョンソン・エンド・ジョンソン(Johnson & Johnson)は医療分野において各種製品の研究・開発・製造・販売に従事する持株会社である。【事業内容】同社は消費者、医薬品、医療デバイスという3つの事業区分により構成される。同社は人間の健康と幸福に関連する商品を中心に提供する。消費者事業はベビー・ケア、口腔ケア、スキン・ケア、市販薬、女性の健康と創傷ケア市場に使用される各種製品を含む。医薬品事業は免疫学、感染症、神経科学、腫瘍学、心臓血管と代謝疾患を含む5つの治療分野を中心とする。医療デバイス事業は整形外科、外科手術、心臓血管、糖尿病ケア及び視力ケア分野に使用される製品を含む。研究施設は米国、ベルギー、ブラジル、カナダ、中国、フランス、ドイツ、インド、イスラエル、日本、オランダ、シンガポール、スイス、英国に位置する。

参照元:マネックス証券

身近なところでは、「バンドエイド」や「薬用リステイン」なんかが日本でも馴染みがあり、私もお世話になっています。

ただ、上記は、事業の1分野であり、他にも「医療機器」「医薬品」といった分野も取り組んでいます。米国株投資を始めるまで知りませんでしたが、医薬品売り上げランキングで世界1位です。

 

投資/保有状況

株価収益率(PER):24.6

配当利回り:2.51 %

※2018年3月18日時点

私が投資を始めてから、なかなか下がることが無かったので、今回の急落を受けて投資しました。

配当利回りは少し物足りませんが、マイポートフォリオのディフェンス力を上げるのには最適な銘柄だと思ってます。

 

これまでの配当履歴

Advertisement

「素晴らしい右肩上がり」の一言ですね。連続増配年数は、55年です。(50年以上で配当王)

インカムゲイン重視の投資家にとっては、安定感があり、定番銘柄のひとつですね。

 

今後について

今回は、アマゾンのヘルスケア事業参画と、調整(パウエルショック)が重なったことで、多少は株価が下がったタイミングで投資することが出来ました。

企業業績自体は安定しており、今後もこのようなタイミングがあれば、どんどん買い増ししていきたいですね。

投資カテゴリの最新記事