気になるバイク|2018 Yamaha Tracer 900/GT 「欧州でバカ売れの3気筒スポーツツアラー」

気になるバイク|2018 Yamaha Tracer 900/GT 「欧州でバカ売れの3気筒スポーツツアラー」

2018年6月17日:記事修正(赤字箇所)

 

今回は「Yamaha Tracer 900/GT」の2018年モデルです。

MTシリーズであるMT-09を元に、ツーリング特性を高めた派生モデルとなります。MT-09 Tracerという名称で、2015年に発売され、今年、2018年モデルが欧州で発表されました。欧州では Tracer 900という名称で販売されています。

日本で2018年モデル発売については現時点、未発表ですが Tracer 700と違って、2015年~2017年モデルは日本で販売されているので、そのうち発表されるかと思います。ただし900GTは微妙です。

予想通り日本で発売されました!名称もこれまでの『MT-09 TRACER』から『TRACER900』に変更されました。

発売日は、『TRACER900 ABS』が 2018年4月20日、上級仕様のTRACER900 GT ABS』が 2018年6月15日 です。

 

今回は、前年モデルとの違いを分かり易くする為にGIFを作ってみました。(多少大きさが違うのはご勘弁ください^^)

 

前年モデルからの変化点

大人気モデルだけあって、2018年モデルは大幅にアップデートされました。外観の刷新、使い勝手の向上など各種改良がされています。個人的には、ハンドルの幅が狭くなったのが大きなポイントです。以前までのモデルでは、ハンドル幅が950mmと広かったですが、一部のユーザーからの不満がヤマハに届いたのか?ハンドル幅は850mmと、前年モデルより100mmも狭くなりました。

  • ヘッドライト、燃料タンク以外の外装はほぼ全て刷新
  • スクリーンは片手で調整可能に
  • ハンドル幅変更(950→850mm)
  • ホイールベース変更(1440→1500mm)
  • 車輌重量4kgアップ(210→214Kg)

 

Tracer 900GTを新たに設定

Advertisement

2018年モデルのスタンダードタイプに対して、ツーリング性能の更なる向上、装備を充実させたタイプが新たに追加されました。フルカラーメーターや、FR/RRのサスペンション変更と、結構な豪華装備です。個人的には、サイドのパニアは好みの物を装着したいので、設定無しの方が良いですね。

→サイドパニアケースはオプションです。やったね!

  • フルカラー液晶メーター採用
  • オートクルーズ機能
  • グリップヒーター装備
  • クイックシフター(アップ側のみ)装備
  • フルアジャスタブル倒立フロントフォーク
  • 油圧プリロードアジャスター付リヤサスペンション
  • ボディと同色サイドパニアボックス追加

 

諸元/カラー/価格/発売時期

Advertisement

主要緒元

Tracer 900 Tracer 900GT
排気量  847 cc
 エンジン種類 水冷4ストロークDOHC4バルブ
 気筒配列  直列3気筒
 最高出力 84.6 kW/ 10,000 rpm
 最大トルク 87.5 N・m/ 8,500 rpm
 圧縮比 11.5:1  ←
GAS種類 ハイオク指定
 燃料タンク容量  18 ℓ
 車輛重量  214 kg 215 kg (パニア装着+12kg)
全長×全幅×全高 2,160×850×1,430mm
シート高 850mm (Max 865 mm)
最低地上高 135 mm

カラーラインナップ

Tracer 900

Nimbus Grey

Tech Black

Tracer 900GT

Nimbus Grey

Midnight Black

Phantom Blue

価格

・不明

《参考》

Tracer 900 ユーロ価格:€ 10,590

Tracer 900GT ユーロ価格:€ 12,190

€1=\134で単純計算すると、STDが約142万円、GTが163万円?

さすがにこれは高すぎるので、欧州と日本の販売価格からの予想もしてみました。

スタンダードタイプで約101万(税抜き)、900GTで約115万(税抜き)です。もし、この価格に近ければ、相当コスパが良いのではと思います。

 

日本での価格は、

『TRACER900 ABS』 1,112,400円(税込)

『TRACER900 GT ABS』 1,198,800円(税込)

だいたい予想と近かったですね^^

 

発売時期

・不明(2018年夏ごろ?)

『TRACER900 ABS』  2018年4月20日

TRACER900 GT ABS』  2018年6月15日

 

個人的に残念なポイント

ありません!日本での価格次第ではあるものの、現時点では最有力乗り換え候補です!

細かな事を言い出すと、いつまで経っても新しいバイクへの乗り換えが出来ないのですが、捻り出して敢えて言うならば、「ガソリンがハイオク指定で少し経済的では無い」というところでしょうか。これがレギュラー指定で更に燃費が良かったら即決です!

 

参照元:Yamaha Moto UK

国内メーカーカテゴリの最新記事