自分のポートフォリオを改めて確認したら米国銘柄以外への投資の方が多かった!?

自分のポートフォリオを改めて確認したら米国銘柄以外への投資の方が多かった!?

投資の神様
なんか、君の保有株って米国以外の企業の方が多くない?

ほむら
ハッハッー、そんなはず無いじゃないですか

ほむら
仮にも『なんちゃって副業米国株投資家』(自称)ですよ!

ほむら
・・・

ほむら
!?

どうも、ほむら(@HomuraPc)です。

なんとなく感づいていたんですよ。ブログを投稿する度に、気にしないようにはしていました。

「セクターの分散」は気にして投資するようにしていますが、「投資する企業の本拠地(国)の分散」も今後は考えていく必要があるかもしれません。

 

ということで、現状を客観的に見ておきます。まずは保有銘柄からです。

 

マイポートフォリオ

まだ、理想のポートフォリオは完成していませんが、だいぶ銘柄が増えてきました。予定では20銘柄くらいで新規銘柄への投資は終わりにしたいと思ってます。

 

このポートフォリオ銘柄以外に、株主優待目的で日本株も4銘柄ほど保有しているので、そちらと合わせて、各銘柄の本拠地(国)別割合を調べてみました。

Advertisement

保有企業の本拠地別

ほむら
!?
投資の神様
・・・はぁ

 

結論

確かに「米国株やり始めました」と声高らかに言っときながら、米国以外への投資の方が多かった!

 

・・・穴があったら入りたい。

米国以外の企業への投資が多くなった原因

これは明らかです。投資した米国以外の銘柄は「現地徴収税率が0%」だからです。

当時は、お得と思って簡単に釣られました・・・

 

「配当重視の投資」の場合、馬鹿にできないのが、配当を貰う度に引かれる税金です。

日本株と違って、外国株の場合、配当(売りの場合も)には毎回、日本で源泉徴収税率が約20%、さらに外国で源泉徴収税率が約10% 掛かってきます。いわゆる『二重課税』ですね。

ですが、私の保有銘柄の内、イギリス・オランダ・オーストラリアに本拠地を置く企業の銘柄は、源泉徴収税率が0%なので、二重課税とならないです!

違った言い方をすると、「同じ配当利回りであれば、米国企業から頂く配当金より、源泉徴収税率が0%の企業から頂く配当金は10%多い」と言えます。

深く企業分析できない私はネットの情報を頼りに、投資を続けた結果がこの割合ですね。

 

当時の判断に後悔はしておりませんが、投資を始めてから約1年が経過しました。

現在も、源泉徴収税率が0%の銘柄は、魅力的です。

ただ、以前に投稿した記事で、「米国の将来性は疑うところが無い」とも考えていますので、今後は米国企業への投資も積極的におこっていきたいと思います!

 

株に全く興味のなかった私が米国株に投資し「なんちゃってサラリーマン投資家」になった理由

投資方針カテゴリの最新記事