妻の「つみたてNISA」設定完了!あとは20年間のほったらかし運用で資産の最大化を目指す!

妻の「つみたてNISA」設定完了!あとは20年間のほったらかし運用で資産の最大化を目指す!

我が家では私(夫)が2017年より「一般NISA」で資産運用を始めました。

2018年も継続して「一般NISA」で運用です。個人的に個別銘柄への投資を好むので、妻にも「一般NISA」を今年から始めてもらうつもりだったのですが、家計と相談した結果、1年で一般NISA枠 120万円 × 2人(=240万円)は捻出が難しい為、断念しました。

 

よって2018年以降は下表の通りとしました。

我が家の資産運用方針

私(夫)
職業 技術職サラリーマン パート
NISA選択 一般NISA(120万円×5年間) つみたてNISA(40万円×20年間)
投資対象 個別銘柄、ETF 投資信託

この組み合わせだと、最低 160万円/1年を捻出すればよいので、なんとか使い切れそうです。せっかくの非課税枠なので使い切らないともったいないですからね。

さらに妻が「つみたてNISA」とすることで以下のメリットが我が家ではあります。

  • 最初に投資信託を選び、つみたて設定が完了すると、その後20年間は基本放置
  • 1年で最大40万円なので、妻のパート収入から捻出可能
  • 資産が増えていくことで、妻の投資に対する理解が得られる(はず)

方針が決まったところで、次に大切なのは、どの投資信託に投資するかです。

「つみたてNISA」で運用する投資信託

Advertisement

つみたてNISAが2018年から始まるにあたって、魅力的な投資信託が続々と出てきています。

少し前まで高かった管理費用(信託報酬)も大きく下がっており、今や選択肢が豊富にあります。非常に悩みましたが、下記2つの投資信託に決めました。

いずれも人気の投信で、よほどのことが無い限り順調に資産が増えていくと思います。

1. 楽天・全米株式インデックスファンド

通称、楽天VTIです。まだ設定されたばかりですが、バンガード社のETFであるVTIをひたすら買う投資信託です。よって、リターンはVTIに近づきます。

VTIが全米株式の99.5%を網羅するETFですので、この投資信託に積み立てることで、アップルやGoogleといった大企業から中小も含む米国企業の大半に投資しているのと同義になります。

分散が効いており、今後も揺るがないであろう米国の成長を信じて決めました。

運用会社 楽天投信投資顧問
純資産 39.40億円
楽天証券分類 米国株式-為替ヘッジ無し
ファンド管理費用 0.1696%
買付手数料 無し
リターン(年率)

6カ月/1年/3年/5年

– / –  / –  / –

 

2. ひふみプラス

WBS、カンブリア宮殿など数々のメディアに出演しているカリスマファンドマネージャー藤野英人氏のレオス・キャピタルワークスが運用するファンドです。

運用パフォーマンスが凄まじく、人気ランキング上位に必ず入る投資信託です。楽天VTIと違ってアクティブファンドとはなりますが、「守りながら増やす運用」を心掛けており、実績も含めて決めました。

あと、私が米国メインなので、分散を考え、日本枠として選びました。

運用会社 レオス・キャピタルワークス
純資産 4728.48億円
楽天証券分類 日本株式
ファンド管理費用 1.0584%
買付手数料 無し
リターン(年率)

6カ月/1年/3年/5年

60.46 / 45.10 / 24.08 / 23.38

 

積立額/割合

Advertisement

楽天VTI

・積立額:月々22,000円(ボーナス積み立て無し)

ひふみぷらす

・積立額:月々11,000円(ボーナス積み立て無し)

 

今後について

今回、つみたてNISAで投資する投資信託を決めました。

今後、私(夫)が運用する個別銘柄のパフォーマンスと、妻の運用する投資信託のパフォーマンスを比較していきたいと思います。

私の負ける姿しか想像できませんが・・・

投資方針カテゴリの最新記事